獣になれない私たち1話のネタバレや感想まとめ!なんかイラッとする

2018年10月10日スタートの「獣になれない私たち」

新垣結衣さんと松田龍平さんのダブル主演で、放送前から逃げ恥を超えるかも、って言われていたので
めっちゃ期待してました。

今回は、獣になれない私たち1話のネタバレや感想を書いていきます

獣になれない私たち1話のネタバレや感想

1話の印象としては、「疲れた!」この一言につきます。

というのも、新垣結衣さん演じる深海晶が、職場の人たちから頼りにされすぎて、すべての仕事を押し付けられていて、見ていて痛々しいんです。

普通のラブストーリーだと思って気軽に視聴すると、かなりビックリします。

 

とくに、逃げ恥と同じようにラブコメディだと期待していると、そのギャップに一気に見る気が失せるかも

 

深海晶は、職場では営業アシスタントという立場なのですが、仕事ができるので社長や同僚から次々と仕事を押し付けられます。

 

とくに職場の同僚で上野発という新人と松任谷夢子という女性社員がポンコツで役に立たないんです。

この上野という新人が特にポンコツで、接待場所の確保や、食事の手配、帰りのタクシーの手配、一切できずすべて晶にまかせっきり。

私は自営業で自宅で一人で仕事してるので、さすがにこれはやりすぎだろうと思っていたのですが、

友達とドラマの話になった時に、上野の話をしたら、

「今の若いヤツにはあーいう感じのヤツいっぱいいるよ」

という衝撃の一言が

 

 

「残業させたら親から苦情の電話がきた」

「入社3日目で連絡が取れなくなった」

「歯が痛いから会社に行けない」

 

 

なんてことが日常茶飯事だとか。

 

ドラマの演出だと思っていたが、本当に上野みたいなポンコツ社員がいることにビックリ・・・・

 

晶の性格は生い立ちが原因?彼氏のクズっぷりがひどすぎる

 

同僚や社長から仕事を押し付けられるのは、晶にも原因があって、いつもニコニコしていて愚痴や不満を一切口にしない。

だからみんなが晶を頼ってしまう。

 

こういう人って本当に損してるって思うんですよね。

私はとりあえず言いたいことは言う派なので、晶のような性格の人の気持ちがあまり理解できない。

 

自分が損するとわかっているのに、なぜその仕事を引き受ける?自分の範囲外の仕事なのになぜ文句言わない?

と?だらけになってしまう。

なぜ晶がこんな性格になってしまったのか?

それは、晶の生い立ちも関係しているようです。

 

晶にはDVをしていた父親がいて、その父親が高校生のころ事故で亡くなり、その後は母との生活だったが、その母親はマルチ商法にハマり家の財産をすべて使われてしまった。

とてもつらい経験をしたことで、いつも他人の顔色を伺ってしまう性格になってしまったようです。

 

そして、そんな晶と付き合ってるのが京谷(田中圭)

そろそろ同棲したいと考えている晶ですが、京谷は聞いてないふりをしてはぐらかす。

その理由が、元カノと同棲しているから。

 

次の仕事が見つかるまでの限定同棲ですが、元カノは仕事を探す気配なし。

 

元カノが仕事を辞めたのは自分の責任だから、次の仕事が見つかるまでは同棲してもいいと提案した京谷ですが、

一向に仕事を探さない元カノを追い出すことができない優しい心の持ち主

 

っていうかこんなヤツを優しい心の持ち主というのか?ってツッコみたくなります

 

自分だったら1年以内に仕事を見つけられなかったら出ていけと条件をだして、仕事が見つからなかったら本当に追い出すけどなぁ

 

この元カノがあとあと問題を引き起こすんだろうな・・・・・

 

根本恒星にキモイと言われる晶

 

晶は仕事帰りに寄ったクラフトビール店5tapで、常連の根本恒星に初めて話しかけた。

会話が終わったあと、晶が帰ったと思った恒星は、マスターに

「キモい、あの女。前から思ってたけど、完璧な笑顔が嘘っぽくない?」と話す。

 

帰ったと思っていた晶がトイレから出てきてマスターはビックリ

 

いつものように笑顔で帰っていく晶にマスターは

「聞こえてなかったみたいでよかった」

と安心します

ところが恒星は、「いや、聞こえてたでしょ?」

それでも笑顔で去っていく晶がますますキモいと言い放った。

 

晶がグレた!

 

社長に渡した見積書にミスがあり、社長は激怒

見積書を作成したのはポンコツ新人の上野。

 

上野に確認すると顔が真っ青になり、上野は突然お腹が痛いと言い出し会社を飛び出し自宅へ帰ってしまう。

 

結局見積書も晶が作り直し、なんとか事なきを得たが

 

今度は社長から「天草製薬の件、どうなっとんねん!?」という怒りの連絡が。

 

もう一人の使えない社員松任谷夢子が提出期限を忘れてしまい、天草製薬はカンカン!

 

晶は今度は天草製薬へ出向き、担当者に謝罪するも、松任谷はやる気が感じられないから担当を変えろと迫られる。

しかも晶に担当してほしいと言われる。

 

これ以上、仕事を抱えられない晶は、担当は松任谷のままでとお願いするが、松任谷のミスを代わりに土下座で謝罪しろと要求される。

 

そこで晶は、ヒールを脱ぎ、土下座で謝罪。

なんとか担当を松任谷のままで了承してもらう晶だったが

 

ストレスが溜まりまくり、仕事終わりにいつものお店へ

 

そこで、恒星に「いつもの笑顔がないですね」とツッコまれる

いつでも本音で話す恒星に晶もつい言い返してしまう

「そっちこそいつもの出まかせ繰り出さないんですか?」

 

初めて恒星と本音で話した晶。

 

帰り道 恒星は晶を自分の事務所に誘う

晶は「私はビール3杯じゃ酔わないし。店から徒歩3分でたぶらかされるほど、バカじゃありません」

と答える

すると恒星が「バカじゃないの?」

「バカじゃないですよ」

恒星「バカになれたらラクなのにね、お休み」

 

次の日出社した晶はライダース風ジャケットにサングラス、スタッズ付きのブーツという恰好

晶がグレた!と社内メールが出回るなか、社長に業務改善要求する。

 

まとめ

とにかく、1話は晶がかわいそう!という感想だけでした。

ただ、最後にグレて反抗するガッキーはめっちゃかわいいですよね。

 

社内で晶さんがグレたってメールが回るのも面白かったです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!