夏目友人帳のあらすじやキャラクターまとめ!ニャンコ先生欲しい

みっちゃん

こんにちは みっちゃんです

最近寒くて、沖縄が恋しいみっちゃんです

11月になると、ストーブなしでは生きていけないですが、沖縄ならまだまだ半そでで十分の季節です。

ちなみに、沖縄が涼しくなるのは、12月中旬くらいなんですよ

 

さて今回は、みっちゃんの好きなアニメを紹介してきます

ご紹介するのは「夏目友人帳」です

妖怪を見ることができる主人公 夏目貴志が活躍するストーリですが、妖怪とバトルをしたりやっつけたりするわけではないのに、なぜか引き込まれてしまう

 

夏目友人帳は、かなり人気アニメでシーズン6まで公開されています

シーズン7の公開はあるのか?あるとしたらいつなのか?ファンは新シーズンの公開を待ち望んでいます

私も早く夏目友人帳のシーズン7を見たいと思っていますが、早くても2020年ぐらいかなぁと予想しています

 

そんな大人気アニメ「夏目友人」のあらすじやキャラクターについてまとめました

それでは見ていきましょう!

 

 

夏目友人帳のあらすじは?

 

小さな頃から、妖怪といわれるものの類を見ることができ、そのため周囲から疎まれてきた夏目貴志。ある日、妖から追われ逃げ込んだ神社で、招き猫の姿をした妖に出会う。

「斑」という名のその妖から、妖たちは夏目を祖母のレイコと勘違いしていること、名前を返してもらいたがっていることを聞く。レイコの遺品の中にあった「友人帳」という名の綴り、それは、夏目と同じように妖を見ることができたため人間から疎まれたレイコが、その寂しさから、妖たちを隷属させる証として名前を書かせたものであった――。

引用 http://www.natsume-anime.jp/episode_category/1st_season/

 

夏目友人帳は、アニマックスのCMで存在を知ったのですが、CMを見てもあまり面白そうじゃないなぁと思って敬遠してたんです。

ところが、アニマックスでは人気アニメは一挙放送というのがあって、ちょうど休みの日に夏目友人帳の一挙放送があったので暇だからみてみることにしたんです

みっちゃん

そしたらドハマりしてしまいした! 

なんかね、雰囲気がいいというかね、言葉では説明しにくいのでほんとに1回試しにみて!って言いたくなるアニメなんです

 

毎回、いろんな妖怪が登場してくるのですが、いい妖怪もいれば悪い妖怪もいる、妖怪って本当に存在してるんじゃないか?と思わせてくれるアニメです

 

 

夏目友人帳のキャラクター紹介

 

 

夏目貴志

幼いころに両親を亡くしている夏目貴志は、妖怪が見えると言っては周囲の人たちを困らせ、親戚中をたら回しにされてきた。

いつも、妖怪に意地悪されたりして妖怪が大っ嫌いな夏目だが

ある日、なぜ自分が妖怪から目をつけられているのか理由が判明する

それは、祖母のレイコが残した友人帳という綴りが原因だった。

 

友人帳には妖怪の名前が書かれていて、妖怪たちはその名前を取り返そうとしているのだ

なぜ妖怪の名前が書かれているのか?その理由を知った夏目貴志は妖怪たちに名前を返す日々を送り始める

 

 

ニャンコ先生

斑(まだら)というのが正式な名前で、ニャンコ先生は仮の姿

それにしても、こんなずんぐりむっくりした猫がいるのか!っていうぐらいもふもふでかわいいんですよね

ニャンコ先生もレイコの友人帳を狙っている。

夏目が死んだら、友人帳をもらうという約束で用心棒をすることになる

 

それにしても、ニャンコ先生の正体が全然わからないんですよね

1話で社(やしろ)に招き猫の姿で封印されていて、それをたまたま夏目が解いてしまう。

 

なぜ招き猫の姿に封印されたのか?誰に封印されたのか?まったくなんですよね

もしかして、夏目レイコに封印されたのか?

いつも可愛くて、見てて癒されるんだけどたまに本来の姿に戻る時があって、こんなに強そうな妖怪がなぜ封印されてたんだろう?と不思議でしょうがない・・・・・

 

夏目レイコ

夏目貴志の祖母

友人帳を作った張本人。夏目貴志同様、妖怪が見えることで周囲の人たちから疎まれてた

寂しさのあまり、妖怪に無理やり勝負をもちかけ、負けたたら友人帳に名前を書かせ子分として従わせていた

友人帳に名前を書かれた妖怪は、レイコの命令に逆らうことはできない。

友人帳を破くとその妖怪も身が滅んでしまう

でも、レイコは一度も妖怪に命令することなく若くしてこの世を去った

 

レイコさんもがおおいキャラなんですよね

まず、若くして亡くなったんですがなぜ亡くなったのか詳細は不明なんです

それから、なぜ妖怪を従わせる気もないのに、妖怪と勝負して名前を書かせたのか?

 

アニメもシーズン6まで終了しているので、そろそろ過去に何がったのか教えてほしいですね

名取周一

名取周一には2つのがあって、表の顔は人気俳優

そして裏の顔は妖怪払いをする払い人

夏目の妖怪に対する優しさが命取りなると思っている。でも、その優しさで何度か救われるうちに夏目の考えをうらやましいと思うよき理解者となる

ヤモリの形をした妖怪が皮膚の上を動き回っている。でも、その妖怪は左足にだけは絶対にいかないんだとか

なぜ左足にいかないのか?そのもまだわかっていない。

よくよく考えてみると、シーズン6まで終わってるのに伏線だらけだな 笑

 

だから、もっと見たい!って思うのかもしれませんね

田沼要

夏目と同じように妖怪を見ることができる同級生

といっても、夏目ほどの妖力はないので、妖怪の気配を感じたり、ぼんやりと見える程度

夏目が妖怪を見ることができるという秘密を知っていて、夏目を助けようとするよき友人。

夏目にとって親友と呼べる存在だけど、夏目同様友達が少なくて、最初は距離の取り方がわからず、

 

多軌 透

田沼同様、夏目の秘密を知っている

父が妖怪の研究をしていて、妖怪を見る術を見よう見まねで使ってしまい、悪い妖怪に取りつかれしまう。

偶然夏目と出会い、夏目に助けてもらうが、一緒にいたニャンコ先生のもふもふ感がツボにハマり、ニャンコ先生の大ファンになってしまう

ニャンコ先生は多軌に見つかると無理やり抱きしめられて、もふもふされるので多軌が苦手

藤原 滋

夏目を引き取った遠縁の夫婦

と~っても穏やかで優しい人物で、夏目が問題を起こしてもいつも温かく見守っている

たまにつまみ食いをして塔子に怒られたり、おちゃめな一面も

 

夏目がまだ別の親戚と暮らしている時、倒れたことを知って病院へ行き、自分たちの家にこないか?と誘うシーンがあるのですが、とても口調が穏やかで嫌なら出て行ってもいい、言ったあとに

「私たちのうちにきない」と優しくいうシーンが大好き

「きてもいいよ」ではなく、「きなさい」というのが君が来るのは迷惑じゃないよ、私たちの意思だよ、と言っているような気がしてジーンときてしまう

 

藤原塔子

滋の奥さんで、超優しいお母さん

いつも夏目のことを心配している

だけど、怒るとめっちゃ怖いんです・・・・妖怪に追われた夏目が、藤原夫妻に迷惑をかけないよう、家に帰らなかったことがあるんだけど、妖怪を追い払って家に帰ると、

「ちょっとそこにお座りなさい!!」

「どれだけ心配したと思ってるの!!」

とすんごい剣幕で怒ってた。

でも、どれだけ心配したと思ってるの!!というあたりに怒ってるけど優しさを感じるんですよね

 

夏目は藤原夫妻に引き取られて本当に幸せだろうなぁ

藤原夫妻には笑顔でいてほしいと思う夏目は、自分が妖怪を見えることを告白できずにいる

 

いつか、藤原夫妻にも妖怪が見えることを伝える日が来るのかな?

その時、藤原夫妻はどう思うのか気になる~~~~

 

まとめ

夏目友人帳のあらすじやキャラについてまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

妖怪と人間のハートフルアニメっていう感じなので、癒しが足りないと思っているなら夏目友人を見ることをお勧めします

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!